チャレンジャーな精神にエールを


今朝の新聞の投稿欄に
こんな記事が掲載されていました。



カラオケの発表会があり
身長147cmの投稿者は
身長をカバーするために
12cmのハイヒールを
この日のために購入


ところが出番直前
両足の指がつり
その直後、両方のふくらはぎが
攣ってしまった


結局はハイヒールを脱ぎ捨て
素足のまま舞台に立ち
結果的にはリラックスして歌え
忘れられない瞬間となった



というストーリーだったのですが
まず目を見張ったこと
それは『12cmのハイヒール』です


クラシカルタイプか
底に厚みのあるプラットフォームタイプか
によっても異なりますが
クラシカルタイプのハイヒールであれば
足の甲は地面に、ほぼ直角の状態になります。


プラットフォームタイプの足の甲のポジションは
やや傾斜はありますが、どちらのタイプも
難易度の高いハイヒールで
それなりの筋肉量がなければ
履きこなせません。



投稿では、足の指とふくらはぎが攣ったと
書かれていますが、この投稿者の女性は
普段、高いヒールでは歩いてはいないと
推測出来ます。


私も、初めてルブタンの14cmの
プラットフォームに足を入れた時には
足が攣りそうになりました。


その当時は、外を歩く時は7cm
レッスンは9cmのヒールで受講していた頃だと
記憶しています。
しかも、やっと7cmで歩けていたという
ギリギリのラインでもありました。




筋肉が追いついていない状態で
実力以上のハイヒールで歩けば
転倒の原因ともなりますし危険です。


少しでも身長を高く見せたい
ハイヒールで格好良く見せたい
という思いもあるかも知れませんが
憧れだけで先行させるのではなく
自分の筋肉量に見合っているか
見極めることも大切です。




転ばないだろうか
怪我をしないだろうかと
ヒールの高さにドキドキしながら
この投稿を読み進めたのですが
最後にさらに目を見張ったのが
この方の年齢でした。


チャレンジャーなヒールの高さに
お若い方なのかと思っていたら
なんと73歳!


日本では、これくらいの年齢の女性を
見かけると、ほぼフラットシューズ
お出かけ用でもローヒールしか
目にしたことがありません。


そのチャレンジャーな精神に
思わず拍手を贈りたくなったのと同時に
もう少し筋肉をつけて
安全に履いて欲しいと
願わずには入られませんでした。



たくさんの感謝と愛をこめて🍀
La tour des Esprits
nene















なりきることでオーラを作る パート2



Exchangeのレッスンでは
相手もプロですので
色々と試させて頂き
レッスンの総仕上げのウォーキングの
ヴァリエーションをいくつか
考え用意しております。


その総仕上げの新作でもある
『なりきりウォーキング』



先々月の第1回目は
sub RosaのNanaさん
この時は女優になりきって頂きました。


そして先月のExchange
お相手はLes Capricesの凛さん
いくつかある総仕上げのウォーキングの中から
どれにしようかと迷います。


今回も『なりきりウォーキング』を
行うことにしたのですが
さて、何になりきって頂きましょう


Nanaさんと同じ『女優』では
捻りがなくて、面白くない


そんなことを考えていた時に
ふと閃いたのが『宝塚の男役』



凛さんをご存知の方は
彼女から宝塚の男役のイメージは
全くないと思います。


とても優しく、エレガントな方ですので
さらにそのイメージを深めるような
総仕上げのウォーキングにすることも
考えたのですが、敢えて真逆のイメージに
してみました。


けれども、男役だからといって
ガサツに歩かれては困ります。


ハイヒールで歩きながら
雰囲気は男役の凛とした雰囲気
キリリとした格好良さを表現して頂けたらと
そして、凛さんとは真逆のイメージだからこそ
その表現を楽しんで頂けたらと



そして、凛さんは期待を裏切らず
想像力を生かし、真逆のイメージながらも
とても素敵に表現をしながら
歩いて下さいました。





なりきることでオーラを作る
自分に近いイメージや
なりたいイメージだけではなく
時には、真逆のイメージで
なりきってみることも
面白いのではないでしょうか


新たな自分の発見にもなると思います。




最後に、凛さんとのExchangeで
私が強く感じたことは
指導力・修正力・人柄・サロンの雰囲気
どれを取っても素晴らしく
価格以上のものを提供されている
ということでした。


ご自分がいる世界を変えたいと思う方は
凛さんのオートクチュールのレッスンの門を
ぜひ叩かれて欲しいと
お薦めのコーチの一人です。



たくさんの感謝と愛をこめて🍀
La tour des Esprits
nene














ピンクをことばに乗せて


インターネットや本で出会った
気になった言葉・文章を
ノートにメモするようにしているのですが
その中に『ピンク呼吸法』と書かれたものが
あります。



簡単に纏めると
ピンク色をイメージして空気を吸い込み
息を吐き出す時には
ピンクはそのまま体内に残し
黒色や灰色、ドロドロしたもの
老廃物をイメージする
という呼吸法です。


(詳しく知りたい方は
インターネットで「ピンク呼吸法」を
検索してみて下さいませ)



この『ピンク呼吸法』を目にするたびに
私は、口から出ることばについて考えます。


この呼吸法で、息を吐き出す時に
黒色、灰色、ドロドロしたもの、老廃物を
イメージするということは
自分の中にストレスであったり
怒りであったり、マイナスな感情がある
ということでもあると思います。


イメージをしやすい人ほど
マイナスな感情を発散できずに
溜め込んでいるのではないでしょうか


そのように考えると、ピンク呼吸法は
マイナスな感情を浄化させるための
良い方法だと思います。



同時に、呼吸と同じ口から出ることばは
どうであろうかと、考えてしまいます。


無意識な分、内側に溜まっている
マイナスなものが、ことばを発する時に
一緒に出ていないだろうか、と



私自身、ことばはとても大切なものだと
思っています。


何も考えずに、思ったことを
そのまま口に出す方もいますが
時には、ことばは剣にもなります


不用意なことばは
相手を滅多斬りにすることにも
なりかねません


だからこそ、ことばを発するときは
吟味して発するべきではないかと
思っています。


一度、口から出たことばは
決してなかったことにはなりません。



このピンク呼吸法を目にするときは
同じ口から出すことばにも
ピンク色を乗せて口にしたいと
いつも思わされます。



たくさんの感謝と愛をこめて🍀
La tour des Esprits
nene