海外で勝負をするには **プライベート編**




今はコロナ禍で、海外に行かれる方は
限られていますが
このような状況でなければ
海外旅行が大好きな方も
いらっしゃるかと思います

私も旅行好きな人のうちの一人です



海外に行かれる方には
美しい所作の他にも
存在感やオーラの作り方を学べる
とてもお薦めです


先日はビジネス編でお伝え致しましたが
本日はプライベートで
なぜプラチナコースがお薦めですかを
シェアしたいと思います



海外に行くのに、所作や存在感、オーラは
必要ないと思われるかも知れませんが
決してそうではありません


旅行先できちんとした対応を
して貰いたいのであれば
プラチナコースは身につけて
損はありません



特に欧米に行ったときに
私たち日本人は、欧米人に比べて
存在感負けをしていると感じています


見た目も欧米人の華やかさに比べたら
日本人は地味ですし
欧米で、英語やその国の言葉で
話さなければならないとなったら
余程、語学が出来る人は別として
日本にいるときよりも、小さくなって
オドオドとしているのではないでしょうか


そのような私たち日本人が
欧米人と同じ場所にいて
例えば、レストラン等で同等の
対応をして貰えるかというと
決してそうではないと思います


メニューを見て、注文するのも
存在感がなければ
なかなか気がついて貰えないでしょう


そのような体験をすると

「欧米に行くと、レストランでも
なかなか注文を取ってもらえず
サービスが悪く、差別を受けた」

という体験談になってしまうのです


もちろん、人種差別は全くありません
とは云いません


けれども、その場に相応しい
洋服を身に纏い、欧米人以上の
存在感やオーラを醸し出せば
気づいてもらえない
ということはありません




最後に分かりやすい例をあげると
カフェでカトリーヌ・ドヌーヴや
エリザベス女王のような
世界的に有名で、存在感やオーラのある人が
隣の席に座っていたとします


存在感がある人、ない人への
対応の差は、想像しただけでも
明らかではないでしょうか


自分の隣の席に
エリザベス女王やカトリーヌ・ドヌーヴが
座ることはないかも知れませんが
存在感やオーラがある人、ない人への
対応の違いは、こういうことなのです



海外設定で本日はお伝えしましたが
日本の一流の場所でも、同じことが云えます

素敵な場所に行って
それなりの対応を相手に望むのであれば
存在感やオーラを身につけるべきだと
思います


そして、その存在感やオーラの作り方を
お伝えしているのが
プラチナコースなのです


たくさんの愛と感謝をこめて🍀
La tour des Esprits
nene





レッスンのお問い合わせ、お申し込みは
下記の連絡先までお願い致します





*返信は24時間以内にしております

24時間たっても、返信が確認出来ない場合には
お手数をお掛けいたしますが
迷惑メールフォルダのご確認をお願い致します